給与の決め方について

給与を決定する際に大切なことは、残業代や法定福利費を含めた総人件費を考慮して決定する必要があります。

たとえば総人件費が20万円であった場合、人件費予算に余裕がなければ、社会保険にも入ることもできませんし、残業代の支払いもできません。

今企業経営において最大の固定経費は人件費です、給与を決定する際においては、このことを踏まえて、給与水準の決定を行う必要があります。

 

▲このページのトップに戻る