労働時間、休息時間、休日の設定

労働条件は給与と並んで大変重要な項目です。

 

労働基準法の労働時間の原則は1日について8時間、週については40時間と決められています。これだと週休2日にしないと労働基準法はクリアできません、大企業ならまだしも創業したての企業については、はじめて従業員を採用するときに直面する問題です。

 

週40時間をこえる労働時間を設定する場合には、変形労働時間制の導入などを検討する必要があります。

 

▲このページのトップに戻る