失敗しない会社設立

 

創業を思い立った日から実際に創業するまでの間に、準備すべきことがいくつもあります、

事前にどれくらい検討し、準備したかによって創業後の経営が左右されます。

当たり前のことですが、創業したからといって、みんなが、成功しているわけではありません。

成功されている方は、創業前に「綿密な計画を立て」それを実行されているのです。

 

創業準備のチェックポイント

 

創業動機は明確ですか

どういう目的で、何をやりたいかをはっきりさせる必要があります。動機があいまいでは、様々なこんなんを乗り越えていくことは出来ません。

また、創業しようとする、事業内容が顧客のニーズや時代の流れにあっているかどうかも重要なポイントです。

創業する事業について経験や知識はありますか

創業しようとする事業は、まず経験のある業種や知識興味のあるところ及びその周辺というのが妥当なところでしょう。

技術、技能、ノウハウなどの習得のいは経験がなによりも重要です。また受注先をかくほできるかどうかは、勤務時代に培った人脈、信用が大きくさゆうします。

 

事業を継続していく自信はありますか

経営者は、法律、経理、税務、労務など幅広い知識のはか、強い意志、努力、体力が不可欠です。

また、十分な金銭感覚も必要とします。

家族の理解はありますか

身近な家族の理解が得られないようでは、事業に対する意欲が疑われても仕方ありません。

信頼できる協力者としての家族は、困難を乗り越えていくときの支えになってくれます。

 

創業場所は決まっていますか

業種によっては、どこで創業するかが重要となります。一般的に立地条件の良い場所は、費用負担が重いので、採算が合うかどうか慎重にけんとうします。

また所有物件の活用や立地条件にマッチした商品やサービスの提供についても検討しましょう。

必要な従業員は確保できますか

必要とする人材像を明確にし、早めにあたりをつけます。優秀な人材を採用するには、、何らかの魅力作りが必要です。

事業が軌道に乗るまで人件費は、負担となります。

家族労働、人材派遣、パートなどを活用しましょう。

 

 

セールスポイントはありますか

商品、サービス、技術又はそれらの提供方法について顧客をひきよせる何らかの特色を出せるか検討します。

同業他社にはない独自性や新規性が求められます。

売上や利益を予測してみましたか

売上は多めに、支出は少なめにといった甘い見通しになりがちです。同業他社の実績など、裏付けのある数字に基づいて検討しましょう。

 

自己資金は準備してますか

創業を思い立ったらまづ着実に自己資金を蓄えることからはじめる、という堅実な姿勢が大切です。

また創業資金の借入の際、目安として必要資金の1/3の自己資金を準備できているということがもとめられるケースが多いようです。

事業計画書としてまとめてみましたか

自分の描く事業のイメージを具体的に文字や数字で確かめてみましょう。

事業計画書は、借入の際の説明資料として必要です。

 

 

電話でのお問い合わせ、ご相談はこちら

TEL:089−943−1060

受付時間:9:00〜17:00(土日祝祭日は除く)

担当:坂石(サカイシ)

* 営業時間外でも出来る限り対応します。

 

→ お問い合わせフォームはこちら

▲このページのトップに戻る