創業資金の調達について

起業するにあたりまず最初に直面する壁は、創業資金をいかに調達するかということです。

設備投資の資金事務所、店舗等の借入、および改装、当面の運転資金と、まとまった現金

が必要となります。

 

理想的には、コツコツと貯めた自己資金で賄えればベストなのですが、そう簡単にお金を

貯めることは、容易ではありません。そこで、どこかから、資金を調達してくる必要があります。

 

そこで、起業家の方たちが、真っ先にお世話になるのが、「日本政策金融公庫」です。

 

日本政策金融公庫」とは、「株式会社日本政策金融公庫法」という、法律に基づく株式会社で

株のすべては政府が保有する政府系の金融機関です。

 

よって、一般の金融機関では、困難な、起業したての会社や、充分な実績のない会社にたい

しても融資をしてくれます。

 

当事務所では、これから起業する方の資金調達のサポートも行っています。

創業資金の調達は、自己資金の有無の他、事業計画の内容が鍵となります。

お客様と一緒に説得力のある資料作りをいたします。

 

 

日本政策金融公庫を利用するメリット

 

日本政策金融公庫は金利が安い

日本政策金融公庫の一番のメリットは、金利が銀行などと比較して安い

ことです。しかも固定金利です。

 

 

 

日本政策金融公庫は金利が固定金利

日本政策金融公庫の金利は、契約時の利率が最後までてきようされる

固定金利です。将来公定歩合が上がったとしても金利の負担が増える

ことはありません。これは借り手企業にとっては将来の金利負担の増大

を心配しなくてよく、安心して資金繰り計画を立てられるというメリットが

あります。

 

 

 

無担保、無保証人でも融資を受けられる

銀行は、実績を重視する為、なかなか開業資金としての融資は行ってく

れませんが、日本政策金融公庫は、政策で後ろ向きの融資もおこなってくれます。また、日本政策金融公庫の融資の中には、「無担保」 「保無証人」で融資をしてくれる場合があります。

又、借りた後も銀行と違い、定期預金、クレジットカード、投資信託などの

お付き合いもなく、決算後は、毎年度決算書の提出や、経営状況の説明

などと煩わしいことは、いっさいありません。

日本政策金融公庫は、きちんと返済していれば、一切なんにもする必要

がありません。

 

 

 __sozai__/0008885.jpg

 

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちら

TEL: 089−943−1060

受付時間: 9:00〜17:00(土日祝祭日は除く)

担当: 坂石(サカイシ)

* 営業時間外でも出きる限り対応いたします

 

→ お問い合わせフォームはこちら 

創業時助成金について

創業時には、何かと経費がかさむものです。会社設立資金事務所賃貸資金設備・什器資金人材確保資金等々、これらにかかった費用の一部でも、返済不要の助成金で補填できるなら、こんなありがたいことはないとおもいます。厳しい要件は多々ありますが、助成金を大いに活用しましょう

 

ちなみに創業時に関する助成金には、下記のものがあります。

 

受給資格者創業支援助成金     

 

   地域再生中小企業創業助成金   

 

助成金の申請手続きの代行いたします。

ご不明な点等あれば、お気軽にお問い合わせください。

助成金申請手数料は、下記の通(成功報酬のため依頼主様のご負担は、一切ありません

 

助成金申請手数料
着手金31,500 + 助成金の20%

 

 

 

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
TEL : 089-943-1060
受付時間 : 9:00〜17:00(土日祝祭日は除く)
担当 : 坂石(サカイシ)

*営業時間外でも、できる限り対応いたします。

→お問い合わせフォームはこちら

 

▲このページのトップに戻る