個人と法人ではどちらがよいですか

事業形態を個人とするか法人とするかについては、事業規模、業種、将来をどう見込んでいるかなどによってことなってきます。

次の比較表を参考にどちらにするか検討してください。

 

 

  個人と法人の特徴の比較
創業手続

個人の場合は、簡単で費用もかかりません。

法人の場合は、会社設立手続に手間と費用がかかります。

信 用 一般的には法人のほうが信用力に優れ、大きな事業をする場合や、取引先の開拓、従業員の確保といった面では比較的有利といえます。
税 金 事業所得が低い場合はあまり差がありません。所得がおおきくなると(おおよそ500万以上)法人のほうが節税効果が高くなります。
責 任

個人の場合は、事業の成果はすべて個人のものとなりますが、事業に万一のことがあると、個人の全財産をもって弁済しなければなりません。(無限責任)

法人の場合は、会社と法人の財産は区分されており会社を整理するときは、出資分を限度に責任を負います。(有限責任) ただし、代表者は、取引に際し、保証をするケースが多く、この場合は、保証責任をおいます。

 

 

 

法人化のメリット、デメリット

法人化に際しては、メリットもあればデメリットもあります、トータル的には、メリットの方が大きいものと思われますが、後々しまったと後悔しないためにも、起業準備の段階で、知っていただきたい情報です。

 

メリット
@ 社会的信用が高い
A 税制上有利
B 資本金1.000万円未満の会社は、2年間消費税免税  注1
C 赤字を繰り越せる
D 良い人材の確保ができる
デメリット
@ 赤字でも税負担(法人住民税均等割)
A 設立に費用と手間がかかる
B 社会保険料の負担が増加
C 株式会社の役員の重任登記、決算報告の公告が義務
D 決算書類等、会計処理が煩雑になる

注1 平成25年1月1日以降に設立する法人は、事業年度開始の日の資本金が1,000万円未満であって

    も、前年度の上半期の売上高が1,000万円を越えてしまうと、消費税の納税義務が発生することに

    なりました。

__sozai__/0008931.jpg

 

 

電話でのお問い合わせ、ご相談はこちら

TEL:089−943−1060

受付時間:9:00〜17:00(土日祝祭日は除く)

担当:坂石(サカイシ)

* 営業時間外でも出来るだけ対応いたします。

 

→ お問い合わせフォームはこちら 

▲このページのトップに戻る