個人と法人の税率の違い

個人の所得税の税率

所得 所得税
195万円以下 5%
195万円超330万円以下 10%
330万円超695万円以下 20%
695万円超900万円以下 23%
900万円超1800万円以下 33%
1800万円超 40%

 

法人の法人税の税率

資本金1億円以下の法人 税率
800万円以下の部分 15%
800万円超の部分 25.5%

 

実例を上げて説明してみましょう

家族構成: 配偶者、子供2人   売り上げ 1200万円、仕入、経費720万円

  法人 個人
売上 1200万円 1200万円
仕入、経費 720万円 720万円
役員報酬 480万円
個人所得 480万円
給与所得控除  150万円  
青色申告控除   65万円
扶養控除 114万円 114万円
社会保険控除  約70万円  約105万円
 個人所得税、住民税 約20万円   約28万円
 法人住民税  7万円  0
 個人事業税  0  9万5千円
 法人事業税  0  0
 税金合計  約27万円  約37万5千円
 差額 −10万5千円   

 

一般に課税所得が年間400万円以上になると節税効果がでてきます。

また所得が増えれば増えるほど個人事業より会社の方が、節税効果は、大きくなります。

 

 

電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら

TEL:089−943−1060

受付時間:9:00〜17:00(土日祝祭日は除く)

担当:坂石(サカイシ)

* 営業時間外でも出来るだけ対応します。

 

→ お問い合わせフォームはこちら

▲このページのトップに戻る