合同会社から株式会社への組織変更について

合同会社が組織変更して株式会社となるには次の手続きが必要となります。

STEP1

組織変更計画書の作成

 組織変更して株式会社にするときにどのような株式会社にするのか「組織変更計画書」を作成し、その「組織変更計画書」についての効力発生日までに原則総社員の同意を得なければなりません。 

「組織変更計画書」には次の様な事項を定めなければなりません。

・株式会社の目的、商号、本店所在地及び発行可能株式総数

・株式会社の取締役

・株式会社の機関

・合同会社の社員が取得する株式会社の株式の数

・効力発生日等

  

 

STEP2

総社員の同意

効力発生日の前日までに総社員の同意を得なければなりません。

STEP3

債権者保護手続き

合同会社は、組織変更するにあたり、次の事項を官報に公告し、かつ、債権者にたいして各別に催告しなければなりません。

1、組織変更すること

2、債権者が一定期間(1ヶ月をしたまわることはできない)内に異議を述べることが

  できること

債権者が期間内に異議をのべなかった場合は、組織変更について承認したものとみなされます。

STEP4

組織変更の効力発生

効力発生日に株式会社となり、その社員は、組織変更計画の定めに従い株式会社の株主となります。

STEP5

組織変更の登記申請

本店の所在地において2週間以内に、支店の所在地においては、3週間以内に次の登記申請をしなければなりません。

・組織変更による株式会社設立登記

・合同会社解散登記

これらの登記を同時に申請します。

 

STEP6

登記完了後の届出

税金、社会保険、労働保険、県市町村などに変更の届出をします。

 

組織変更の費用

合同会社から株式会社への組織変更には、下記の費用がかかります。

1、官報掲載料

2、登録免許税

  合同会社の解散登記   30,000円

  株式会社設立登記    最低30,000円(資本金額×0.15)

3、代行手続き費用      80,000円(税別)

 

 

 

 

電話でのお問い合わせ、ご相談はこちら

TEL: 089−943−1060

受付時間: 9:00〜17:00(土日祝祭日は除く)

担当: 坂石(サカイシ)

* 営業時間外でもできる限り対応いたします

→ お問い合わせフォームはこちら   

 

▲このページのトップに戻る